高品質・環境負荷低減を実現する工場

品質・環境管理において、国際規格を取得

電着塗料は、塗料の中に浸した車体に電気を流して塗装する技術で、当社の前身である神東塗料(株)の自動車部門が1963年、日本で初めて実用化しました。また電着塗料は、ほかの塗料に比べ環境負荷が小さいのが特徴です。当社では、この電着塗料を神東塗料(株)に委託して生産するとともに、世界各地でライセンスを供与し生産しています。

また、当社と神東塗料(株)の自動車部門は、1997年に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9002を、2001年に環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得するなど、電着塗料の品質向上と環境負荷低減に努めています。

写真:電着塗料工場

電着塗料工場

ページの先頭に戻る

成分の均一性を維持するクリーンルーム並みの工場

自動車の表面を覆う上塗り塗料は、長期間、車体を日光や風雨から守るとともに、鏡のように滑らかで傷一つないことが求められます。

そのためには、塗料の成分が均一であることが必要です。また、塗料に異物が混入しないような工夫を施さないといけません。

当社の上塗り塗料工場では、環境にやさしい水系塗料を製造しています。工場は、クリーンルームに準じた設備を設け、内部を大気圧よりも高い状態にして、工場内ひいては塗料への異物の混入を防止しています。さらに、厳密に温度を管理することで成分の均一性を維持しています。

写真:上塗り塗料工場

上塗り塗料工場

ページの先頭に戻る

お客様の塗装条件を再現できる設備

環境にやさしい水系塗料の品質を維持するためには、温度や湿度などの塗装条件について、有機溶剤を使う溶剤系塗料よりもはるかに厳密な管理が必要です。さらに、水系塗料で美しい鏡のように滑らかな塗装を施すのは、高度な技術を要します。

当社は、お客様の塗装条件を再現できる塗装設備を有しています。また、実験室では、上塗り塗料の品質検査を厳しく行い、高品質な製品を提供しています。

写真:塗料の検査

塗料の検査

写真:ロボットによる塗装

ロボットによる塗装

ページの先頭に戻る


ここからローカルナビゲーション

ローカルナビゲーションここまで


Copyright © 2013 Axalta Shinto Coating Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.